ヌル「またか・・・」
椛「まさか続くとは…」
殺ッチー「こんな記事書く暇あったらさっさと俺を神中位くらいまで上げて欲しいんだが…」
ヌル「あいつ(製作者)のポンコツ頭じゃ神中位とかまだ無理だろ」
殺ッチー「デスヨネー」
椛「まあ始めましょうよ」
ヌル「さっさと終わらせるかー」
殺ッチー「ところで前回俺の調整はしばらくないだろうと言ったな、あれは嘘だ」
椛「ヘルパー保護等の演出面の細かい調整がメインだったので更新報告の記事書き忘れるという重大なミスもありますしね…」
ヌル「しかもまだ更新報告の記事を書いていないのだろう?」
殺ッチー「あいつ(製作者)はTwitterで更新報告したし大丈夫だろうって言ってたぞ」
ヌル「仕事しろよ…」
殺ッチー「おまいうw」
椛「まあ後であの人(製作者)にはたっぷり働いてもらうとして今後どうするか決めましょうよ」
ヌル「んー…とりあえず神カラー作るでいいんじゃないかな?(適当)」
殺ッチー「あいつ(製作者)の頭じゃ無理だから却下」
椛「新キャラ作成とかはどうですかね…」
ヌル「これ以上増えたら更新が面倒だと思うが…」
殺ッチー「少なくともヌルと俺の更新は今後は少ないと思うから大丈夫だろ」
椛「どんなキャラを作るんですかね…」
ヌル「どうせカオスだろ」
殺ッチー「だろうなぁ…」
椛「もっとましなキャラを作りましょうよ」
ヌル「神が作れないならカオスを作って少しでも気に入ってもらえるようにしないとな」
殺ッチー「だな」
椛(結局まともなのは私だけなのかぁ…)
殺ッチー「ん?どうした?」
椛「なんでもないです…(諦め)」
ヌル「まあ一応方針的な何かは決まったし終わろう」
殺ッチー「おそらくまたあいつ(製作者)がこんな茶番みたいな会議の様子を記事にするだろうがよろしくな」
椛「見てくれるだけでも充分うれしいので暇な時にでも見てくださいね」
ヌル「というわけで今回はここまでだ」
スポンサーサイト

※この記事はただ今後の方針だらだらと長い分で説明するよりは楽しく説明するほうがいいと思ったので製作者がキャラたちに脳内で会議させた様子を記事にした茶番のような何かです。

殺ッチー「僕殺ッチー。(とりあえず会議すればいいんでしょ?)」
ヌル「せやで。」
椛EX「そうですね。」
殺ッチー「僕殺ッチー。(めんどい)」
ヌル「それな。」
椛EX「まあまあ…とりあえず始めましょう。」
ヌル「せやな」
殺ッチー「僕ry(じゃあ何から話す?)」
椛EX「やはり今後のキャラの調整や新キャラ製作の方針ですかね?」
ヌル「俺は今までどうり自宅警b…」
椛EX「ダメです。」
殺ッチー「僕ry(ダメだ。)」
ヌル「デスヨネー」
殺ッチー「とりあえず俺の調整は当分ないと思うぞ。」
ヌル「あ、僕ryが外れた。」
殺ッチー「文字数を少なくするためらしい。あと、いちいち僕ryと打つのが面倒らしい。」
ヌル「お、おう。」
椛EX「で、調整がしばらくないとはどういうことですか?」
殺ッチー「あいつ(製作者)は俺は狂キャラとしてはもう十分だと思っているらしい、だから当分ないだろう。」
椛EX「そう言えば私たちは狂ランク全般で戦える程度の能力を目指しているらしいですからね。確かにそうなると更新はしばらくなさそうですね。」
ヌル「そんなこと言ったら俺論外だから神のサンドバックなんだが…」
殺ッチー「安心しろ。あいつ(製作者)がお前をこれから狂で戦えるように調整していくはずだ。」
ヌル「やめて、自宅警備できなくなる。」
椛EX「少しは働きましょうね~(ニッコリ)」
殺ッチー「あっ・・・(察し)と、とりあえず今日はこの辺で終わりにしておこう(汗)」
椛EX「はい、そうですね。」
全員「こんな長い茶番のような会議(笑)を最後まで見てくれた方、ありがとうございました。」
※この後ヌルはめちゃくちゃしばかれました。




最新記事